漢方コラム|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください|page3

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

漢方コラム

東洋医学で食養生 6体質の特徴と生活アドバイス⑥

漢方コラム 

痰湿(たんしつ)タイプ・・・むくみやすい水太り体質。悪い生活習慣を、一つずつ改める努力を。 ♥特徴 新陳代謝が悪く、余分な水分や脂肪分が体内に溜まりやすい状態です。 体に溜まった老廃物(痰湿)が外に出ようとするために、ニキビ、吹き出物ができる、 痰が出る、おりものが増える、軟便、下痢になるなどの症状が出やすくなります。 体格は肥満気味で体脂肪率も高め。 体に水分が溜まってむくみ、水太りになる傾向が...
> 続きはこちら

東洋医学で食養生 6体質の特徴と生活アドバイス⑤

漢方コラム 

瘀血(おけつ)タイプ・・・血行不良で慢性的な疼痛がある。適度な運動や入浴で血行を改善する。 ♥特徴 「血(けつ)」のめぐりが悪い状態です。 皮膚、関節、体の末端に栄養が運ばれず、新陳代謝が低下して老廃物が体に溜まりやすい状態にあります。 そのため皮膚の色が浅黒くなり、関節痛、手足の冷えが出やすくなります。 特徴は、顔や唇の色が暗い、シミ、そばかす、便が黒っぽいなど。 肩こり、関節痛、頭痛など、チク...
> 続きはこちら

東洋医学で食養生 6体質の特徴と生活アドバイス④

漢方コラム 

気滞(きたい)タイプ・・・「気」の流れが滞って精神不安定に。自律神経のバランスを整える生活を。 ♥特徴 「気」のめぐりが悪い状態です。 中医学の気のめぐりは、西洋医学の自律神経に重なってきます。 そこで気滞になると、自律神経のコントロールが上手くいかず、自律神経が失調して精神的に不安定になります。 イライラして怒りっぽい、憂うつ、不安で落ち込みやすいといった症状です。 気のめぐりを担当する臓腑は「...
> 続きはこちら

東洋医学で食養生 6体質の特徴と生活アドバイス③

漢方コラム 

陰虚タイプ・・・潤いが足りず乾燥しやすいタイプ。夜型生活を改め早寝の習慣を。 ♥特徴 「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の「水」が不足している状態。 外見は「お疲れ気味で疲れが増すと頬が赤みをおびやすい」というのが大きな特徴です。 水は「陰陽」でいう「陰」に属し、陰陽バランスを保つために「体を潤し、余分な熱を冷ます」という重要な役割を果たします。 水が不足すると体の潤いがなくなり、余計な熱が...
> 続きはこちら

東洋医学で食養生 6体質の特徴と生活アドバイス②

漢方コラム 

血虚(けっきょ)タイプ・・・顔色が悪く、めまいを起こすタイプ。「血」を補うための生活改善を。 ♥特徴 「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の「血」が不足している状態です。 中医学でいう血虚の概念は、西洋医学でいう貧血とは少し異なります。 たとえば血液検査では貧血と診断されなくても、赤血球や白血球などの血球細胞が、 形や働きの悪い「なまけもの」だつた場合、貧血と同じ症状を起こします。 血虚とは、...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る