• ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

夏の漢方

夏至から立秋までの間の、夏特有のトラブルを漢方では「暑邪」といいます。

熱中症にかかったり、夏かぜを引いたり・・・。

また、最近は冷房の発達により「夏冷え」などの症状も起こりやすいですね。

♠夏かぜ対策の漢方薬

ゾクゾクと寒気がするとか、咳が出てノドが痛いような風邪の諸症状ではなく、夏に起こりやすいのは先ず「湿」といって、余計な湿気を伴いやすいということ。

具体的には吐き気や下痢を起こしたり、冷たい物の食べ過ぎや飲み過ぎで胃腸の機能が低下して、食欲不振になったり、むくんだりします。

この様な症状には「かっ香正気散(かっこうしょうきさん)」がおススメです。

かっ香はシソの全草で、発汗作用や湿気をとって胃腸の調子を整える作用があります。

この他にも、ショウガ、陳皮などの利尿作用のあるもの、嘔吐作用のあるものなどが配合されており、「胃腸型の風邪」にもよく使用されます。

♠夏バテ、暑気あたりの漢方薬

夏になると汗をかくので体力を消耗しますが、漢方では汗と一緒にカラダを動かす元である「気=エネルギー」を失うとされます。

この時期、いつにもまして疲れやすくなる様なタイプの方には、元気を補いながらカラダに必要な潤いも補充してくれる

「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」「清暑益気湯(せいしょえっきとう)」や、

汗がダラダラと出て、むくみがちなタイプの方は「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」がよいでしょう。

♠夏冷え対策の漢方薬

最近は、冷房の影響で真夏でも手足が冷たかったり、出るはずの汗が出ないので体温調節が上手くいかず、自律神経のバランスが崩れて冷えを招いているケースが少なくありません。

冷え症で胃腸が弱く、食欲不振なタイプは、胃腸から元気を出してくれる「人参湯(にんじんとう)」がおススメです。

同じ冷えでも、特に腰から下が冷えて重だるく感じ、むくみなどあるようなら「りょう姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)」が良いでしょう。

 

目的は一緒でも、体質やその時の体調によっておススメできる漢方薬は異なりますので、必ずご相談ください。

 

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る