漢方薬で関節・神経のお悩みを改善

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

外科・神経科

排毒法② 肩こり・目の疲れ

外科・神経科 

♥肩こり・目の疲れは、毒素がたまって固くなった筋肉が原因 肩こりや目の疲れは、症状の差こそあれ誰でも一度は感じたことがあるでしょう。 1日中パソコンを使う人のなかには、特に深刻な症状に悩まされる人もいます。 肩こりの原因は、骨と骨とをつなぐ筋肉や靱帯が固くなることにあります。 ただし初期症状であれば、排毒をすることで症状の回復にそれほど時間はかかりません。 筋肉をやわらかくしてあげればいいのです。...
> 続きはこちら

腰のだるさ

外科・神経科 

長時間同じ姿勢でいると背中から腰の筋肉が疲れて硬くなり、血流が悪くなって筋肉が凝ってしまいます。 また、足がだるくなったり、むくんだりしてきます。 姿勢の悪さや腰周辺の筋力低下も腰痛の大きな原因となります。 特に腰が反った姿勢の人、上半身と下半身をつなぐ腸腰筋が硬くなっている人は要注意です。 40代、女性。 腰がだるく、朝起きるのがつらいとのこと。 痛みもあるので当初は「疎経活血湯(そけいかっけつ...
> 続きはこちら

ひざの痛み

外科・神経科 

変形性関節症の「変形性」とは、関節軟骨や椎間板の老化現象のことです。 軟骨部分が薄くなり、クッションの役割を十分に果たせなくなって痛みを引き起こすのが殆どです。 慢性的なひざの痛みのために立ち座りが辛くなり、日常生活に支障を感じるようになります。   80歳代女性。 若い頃から重たいものを担ぐ仕事をしていたため、O脚というよりもガニ股の状態で固まってしまっている。 最近では、ひざの痛みが...
> 続きはこちら

食べて解消 腰痛・膝痛

外科・神経科 

♥骨をつかさどる「腎」の働きを高めます。 人間の「持病」といってもいいのが、腰痛や膝痛です。 というのも、進化の過程で2本の足で歩くようになった人類は、 上半身の重さをすべて背骨や腹筋、背筋などが支えています。 そのために、長時間同じ姿勢を続けていたりすると腰や膝に疲労が蓄積し、痛みが出やすいのです。 また、骨や筋肉は年齢とともに弱くなっていきますから、 骨粗鬆症や椎間板ヘルニア、変形性膝関節症な...
> 続きはこちら

食べて解消 肩こり

外科・神経科 

♥タイプを見極めて ♠ストレスによる肩こり 「肩の荷が重い」という言葉もあるように、ストレスが肩こりを誘発することがあります。 これは中医学でいうと、「気滞」により肩がパンパンに張っている状態。 イライラや不安、血圧が不安定などの症状も伴いがちです。 「気」の流れをよくする食材が向いています。 この症状によい主な食材 三つ葉、春菊、セロリ、パセリ、香菜、ミント、柑橘類、レバー、菊花、 陳皮、黒酢、...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る