漢方薬で食事療法を改善

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

生活習慣

漢方と発汗

心療内科 

汗は体温調節には欠かせません。しかし運動不足や適温の室内で長時間過ごすことにより汗腺を使用しないと、その機能が低下して塩分の濃い汗をかいてしまいます。この濃い汗は乾きにくく、体温調節には不向きなため熱中症のリスクが高くなります。真夏に向けて、適度な運動や半身浴で汗腺を働かせましょう。また、漢方では汗...
> 続きはこちら

健康の秘訣『食は命なり』①

生活習慣 

「食は命なり① ~食事バランスは3日間のトータルで」食物繊維をしっかり取りましょう! 糖質1:タンパク質1:温野菜&海藻3の割合で摂りましょう~現代の食生活の問題点~現代の食生活は糖質の摂りすぎと野菜不足が問題です。特に野菜や海草類を偏らず食べることが大切です。果物では水分と糖分に注意しましょう。果物は『朝食べると薬になり、昼食べると普通の物、夜食べると毒になる』とも言われています。夜の果物は胃腸...
> 続きはこちら

健康の秘訣『水分の摂り方』

生活習慣 

「過ぎたるは及ばざるが如し~水分のとり方」草花を育てる時に、水が足りなくても、逆に水をあげすぎてもダメなように、人間も同じなのです。足りなくてもいけませんし、飲み過ぎてもカラダによくありません。また植物には、水に漂っていないとだめな水草があれば、ほとんど水がいらないサボテンのようなものもあります。ヒトにも、水草のような体質の方もいれば、サボテンのような体質の方もいます。つまり、そのヒトの体質によっ...
> 続きはこちら

健康の秘訣『呼吸法』

生活習慣 

元氣で若々しくあり続ける為に         「低酸素は万病の元~呼吸法」★常に呼吸は大きく深く吐くことが基本~『呼吸』は読んで字のごとく! 『呼(は)いて』『吸う』私たちが生きていく上でまずは適量の酸素が必要です。人は食事なら30日、水分なら3日間摂らなくても人は生きていけますが、呼吸が3分できなかったら・・・その重要性がわかると思い...
> 続きはこちら

糖分の摂りすぎで病気に!?糖分依存症の恐怖

生活習慣 

糖分の摂りすぎは糖分依存症になるかもしれないことをご存じですか?そこで今回は糖分依存症の正体について迫っていきましょう。 □糖分依存症とは糖分の摂りすぎによって常に糖分を求める状態のことです。この症状は糖分を摂取すると脳に快楽を与える物質が分泌されることが原因です。砂糖はお菓子以外に清涼飲料水などにも多く含まれていて知らないうちに依存症になってしまう可能性があるので注意しましょう。 □症状症状の一...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る