漢方薬で消化器系のお悩みを改善

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

消化器科

食べて解消 胃痛③

消化器科 

③慢性的に痛む 気虚タイプ このタイプの胃痛は、シクシクと慢性的に痛むことが特徴です。 痩せていて食欲もなく、胃が重苦しく感じる虚証タイプに多い胃痛です。 もともと胃の働きが悪く、ちょっと食べただけでもすぐに胃が重苦しくなってシクシク痛みます。   このタイプには、不足した「気」を補い、消化器系の働きを活発にする食材がおすすめです。 これらの作用が一番あるのが「いも類」です。 ただし、長...
> 続きはこちら

食べて解消 胃痛②

消化器科 

②張って痛む 気滞タイプ 「気」のめぐりが悪くなって起こる胃痛です。 胃が張って痛み、ゲップやガスも多く、胃から酸っぱい水が上がってきて胸やけにもなります。 これらの症状はストレスが引き金になることが多いものです。 もともと気滞タイプはストレスを溜めやすく、精神が不安定になってイライラしたり、気分が晴れないことがよくあります。 胃痛もストレスの影響を強く受けています。 このタイプに向く食材は、消化...
> 続きはこちら

食べて解消 胃痛①

消化器科 

♥胃痛 一口に胃痛といっても、様々なタイプがあります。 チクチクと差し込むような痛みもあれば、胃潰瘍などでは激痛に襲われることもあります。 胃が張って圧迫されるような鈍痛を感じることもあります。 中医学では胃痛を、①寒性タイプ、②気滞タイプ、③気虚タイプの3つに分けて考え、 それぞれのタイプによっておすすめする食材が違ってきます。 胃の痛みという点では同じでも、自分のタイプを見極めて適切な食材を選...
> 続きはこちら

食べて解消 過敏性腸症候群

消化器科 

♥過敏性腸症候群 さまざまな精神的ストレスによって腸の運動をコントロールしている自律神経系の働きが乱れ、 便通異常を起こす病気です。 主な症状は便秘と下痢を交互に繰り返す、腹痛、膨満感などです。 ストレス社会の影響か、日本ではこの症状に悩む人が増えているようです。む   この病気は、中医学でいう「肝鬱脾虚(かんうつひきょ)、気滞気虚(きたいききょ)」と関係します。 「肝」が弱くなると「脾...
> 続きはこちら

食べて解消 便秘

消化器科 

便秘 便秘は「機能性便秘」と「器質性便秘」に分けられます。 機能性は、なんらかの原因で腸の機能が低下して排便困難が起こるもの、 器質性は、ガンや腸の癒着など、体の疾患が原因で起こるものをいいます。 器質性は病院での治療が必要ですが、機能性は食養生で改善できることが多いものです。 ①大腸の動きが弱まる 弛緩性便秘タイプ 機能性便秘のなかで、大腸の筋力が弱くなり、便を押し出せずに便秘になるのが、弛緩性...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る