よくある漢方相談|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

漢方と発汗

心療内科 

汗は体温調節には欠かせません。しかし運動不足や適温の室内で長時間過ごすことにより汗腺を使用しないと、その機能が低下して塩分の濃い汗をかいてしまいます。この濃い汗は乾きにくく、体温調節には不向きなため熱中症のリスクが高くなります。真夏に向けて、適度な運動や半身浴で汗腺を働かせましょう。また、漢方では汗...
> 続きはこちら

春に多い症状

漢方コラム 

季節の変わり目は自律神経の乱れによる不調を訴える方が多いですが、特に春は1年の中でも低気圧と高気圧の入れ替わりが激しく、気温の寒暖差も大きい為「交感神経と副交感神経」のバランスが乱れやすくなります。このような変化に体が対応しようと一生懸命働いた結果、1日の終わりには気が付かないうちに疲れてしまい「春眠暁を覚えず」となります。コロナ禍で運動不足になっていることも自律神経が乱れる要因の一つとなります。...
> 続きはこちら

健康の秘訣『食は命なり』①

生活習慣 

「食は命なり① ~食事バランスは3日間のトータルで」食物繊維をしっかり取りましょう! 糖質1:タンパク質1:温野菜&海藻3の割合で摂りましょう~現代の食生活の問題点~現代の食生活は糖質の摂りすぎと野菜不足が問題です。特に野菜や海草類を偏らず食べることが大切です。果物では水分と糖分に注意しましょう。果物は『朝食べると薬になり、昼食べると普通の物、夜食べると毒になる』とも言われています。夜の果物は胃腸...
> 続きはこちら

健康の秘訣『水分の摂り方』

生活習慣 

「過ぎたるは及ばざるが如し~水分のとり方」草花を育てる時に、水が足りなくても、逆に水をあげすぎてもダメなように、人間も同じなのです。足りなくてもいけませんし、飲み過ぎてもカラダによくありません。また植物には、水に漂っていないとだめな水草があれば、ほとんど水がいらないサボテンのようなものもあります。ヒトにも、水草のような体質の方もいれば、サボテンのような体質の方もいます。つまり、そのヒトの体質によっ...
> 続きはこちら

健康の秘訣『呼吸法』

生活習慣 

元氣で若々しくあり続ける為に         「低酸素は万病の元~呼吸法」★常に呼吸は大きく深く吐くことが基本~『呼吸』は読んで字のごとく! 『呼(は)いて』『吸う』私たちが生きていく上でまずは適量の酸素が必要です。人は食事なら30日、水分なら3日間摂らなくても人は生きていけますが、呼吸が3分できなかったら・・・その重要性がわかると思い...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る