よくある漢方相談|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

耳鳴り・ストレッチ&ツボ治療

耳鼻科 

耳鳴り・ストレッチ ■ストレッチ1 ①耳鳴りがする耳に小指を入れ、首を左右どちら  かにひねる ②耳鳴りが治まらなければ、今度は逆側にひねる ③コレで耳鳴りが治まらない場合は、反対側の耳  に小指を入れ、首を左右どちらかにひねる ④耳鳴りが治まらなければ、今度は逆側にひねる ■ストレッチ2 ①両肩の...
> 続きはこちら

秋バテ

季節ごとのお悩み 

連日の猛暑、酷暑にようやく一息つくことができましたが、身体のだるさが回復せず、 食欲もいまだに沸いてこない、疲れが取れないという人が多くいます。 アイスなどの冷たい水分を摂り過ぎると、胃内温度が急激に下がります。 消化吸収能力が落ち、食欲も無くなります。 そして、便通に異常を来し、負の連鎖作用が起こ...
> 続きはこちら

心の疲れが引き起こす病気 心身症

心療内科 

心に溜まったストレスが、身体疾患の発症や経過に影響を及ぼしている病気の総称です。 ストレスによって身体的な不調が起こるのは、心と体が深く結びついているからです。 症状は体全体にわたり、消化器・循環器系の病気から、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、また、それらが複合的にあらわれる場合もあります。 人によ...
> 続きはこちら

熱中症と漢方薬

季節ごとのお悩み 

●熱中症の予防に生脈散(しょうみゃくさん) 夏に多い熱中症の主な原因は、簡単に言えば汗によりカラダに必要な水分が奪われてしまう事によって、内臓や脳の機能が低下する事にあります。 人の体は約60%が水分(老人50%程度)です。 そして、体重のたった2%の水分が失われただけでも人の体は脱水状態となり喉の...
> 続きはこちら

漢方薬とむくみ

皮フ科・美容 

これといって明らかな原因が見あたらないのに、よくむくんだり、むくんだ状態が慢性的に続くという方は多いと思います。 漢方では「内湿」と呼ばれる状態ですが、カラダの五臓六腑のバランスが乱れていることが原因です。 ♥「水」の代謝に関連する五臓六腑 1.「肺」 漢方の考え方では「肺」は水分を全身に送り出し、...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る