漢方薬でストレス性神経症のお悩みを改善

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

心療内科

漢方薬とイライラ

心療内科 

ストレスの充満する社会にあっては、イライラすることが多くなるのは事実ですが、イライラの原因がストレスであるといっても、 その方の体質によって、用いられる漢方薬は違ってきます。 漢方ではストレスを七情といって、「怒」「喜」「思」「憂」「悲」「驚」「恐」の7つに分類していますが、 イライラの原因は7つの...
> 続きはこちら

春はメンタルの乱れに要注意

心療内科 

春は心に疲労が溜まりやすい季節です。気候は勿論のこと、新しい職場や環境、新しい仲間、引っ越しなど「変化」が多い季節です。 気温の高低差に伴う体温調節や、新しい環境での心の疲労など、変化に順応することが出来ずに身体と心の両方にストレスを与えてしまい、メンタル面を支える自律神経が乱れがちになります。 過...
> 続きはこちら

ストレスと胃腸

心療内科 

春は、自然界すべてのものが、のびやかに成長する季節です。 これは人間にも言えることで、体の成長だけでなく、のびやかな精神活動が求められる季節でもあります。 従って、ストレスを上手にコントロールして、メンタルヘルスに努めることが春の養生のポイントになります。 嫌なことがあったり、ストレスが掛かると胃腸...
> 続きはこちら

漢方と発汗

心療内科 

汗は体温調節には欠かせません。しかし運動不足や適温の室内で長時間過ごすことにより汗腺を使用しないと、その機能が低下して塩分の濃い汗をかいてしまいます。この濃い汗は乾きにくく、体温調節には不向きなため熱中症のリスクが高くなります。真夏に向けて、適度な運動や半身浴で汗腺を働かせましょう。また、漢方では汗...
> 続きはこちら

心の疲れが引き起こす病気 不安障害

心療内科 

ふつうなら平然としてられる状況や対象に対して過度の不安を感じ、不安感を自分でコントロールできなくなる病気です。 不安を感じる状況や対象を前にすると、動悸や呼吸困難、めまいなどを起こしたり、 ひどくなると電車に乗る、人と話すといった日常生活さえ送れなくなることがあります。 不安障害にはいろいろな種類があり、うつ症状と似た症状もあります。 ①社会不安障害 上司との会話や打ち合わせ、営業まわりなどで極端...
> 続きはこちら

ページトップへ戻る