よくある漢方相談|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

中医学六体質の特徴③ 「陰虚」「痰湿」

♥「陰虚」(水の足りないタイプ)・・・微熱、耳鳴り、寝汗、から咳

「水」が不足して体の潤いが足りない状態を指します。

水は「陰陽」の「陰」に属し、体内の陰陽のバランスを保つために「体を潤し、熱を冷ます」という重要な役割をしています。

女性は更年期が近づくと、のぼせ、ほてり、カッと汗をかくなどの症状を呈しますが、これも陰虚と関係しています。

その他、「陰虚」の人はやせぎみ、頬が赤みをおびやすく、微熱、耳鳴り、寝汗が現れやすいです。

体の潤いが足りないため、肌がカサカサし、から咳、目の乾燥、口や咽が乾き、便がコロコロして硬いなどの症状も現れてきます。

舌の色は赤くて、時に表面には裂け目があり、苔は少ない、またはほとんどないこともあります。

♥「痰湿」(水の停滞したタイプ)・・・肥満体、血中コレステロールや中性脂肪が高い、痰が多い

水は流れが滞ると、濁ってきます。体の中でも水分代謝が悪いと、余分な水分や脂肪分が溜まった「痰湿」の状態になり、

ニキビ、吹き出物、痰、おりもの、時には軟便や下痢になって体の外に出ようとします。

「痰湿」タイプの人は暴飲暴食、脂っこいものや甘いものの摂りすぎ、運動不足の傾向があり、肥満や高脂血症(脂質代謝異常症)になりやすいです。

ひどくなると動脈硬化、狭心症、脳梗塞にもなります。

その他、頭が重い、体が重だるい、吐き気やめまいが出やすい、痰が多い、むくみなどの症状も現れます。

体が冷えて、舌に白いベトベトした厚い苔が見られる「寒タイプ」と

体に熱がこもり、舌に黄色いベトベトした厚い苔が見られる「熱タイプ」があります。

 

「漢方コラム」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る