食生活でうっかり脂質を摂りすぎないための注意点とは?|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

食生活でうっかり脂質を摂りすぎないための注意点とは?

食生活に気を付けているつもりでも、うっかり脂質を摂りすぎてしまうことってありますよね。
そうならないために、脂質を摂りすぎないためのポイントを抑えましょう。

□魚を上手く取り入れよう!
脂質の摂りすぎには注意が必要ですが、体に良い影響を与える脂肪を取り入れることは大切です。
牛肉や豚肉には、飽和脂肪酸が多く含まれており、血中の中性脂肪やコレステロールを増やしてしまいます。
一方で、魚に含まれる不飽和脂肪酸は血中コレステロールを下げる働きをします。
同じ脂質を摂るなら、体に良い脂肪を摂取したいですよね。
そのため、牛肉や豚肉の摂取量を減らし、なるべく魚を摂取するようにしましょう。

□揚げ物は油を少なめに!
揚げ物を食べたい時もありますよね。
そのような時におすすめなのが、油量を減らすということです。
少量の油をフライパンに入れ、揚げ焼きにすれば、ほぼ同じような食感で揚げ物を楽しめます。
外食では難しいですが、自炊をする場合はぜひ試してみてください。
またキッチンが汚れるのも最低限に抑えられるので、片付けの面でもおすすめです。

□まとめ
今回は、脂質を摂りすぎないための工夫を2つご紹介しました。
外食でメニューを決める際、肉を選びたい気持ちを抑えて魚を選ぶのも良いかもしれませんね。

「生活習慣」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る