食生活の乱れは老後にどのような影響がある?|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

食生活の乱れは老後にどのような影響がある?

若いうちは食生活が乱れていても、そこまで問題ないと思うかもしれません。
しかし、老後の生活を健康に過ごすにはしっかりした食生活が大切です。

□どんな問題が生じるの?
食生活の乱れから生じる大きな問題が、糖尿病です。
糖尿病になると、どのようなリスクがあるのでしょうか。
病気になると、血糖値の上昇に対してインスリンという糖を分解する酵素が働きにくくなります。
そのため、動脈硬化や心筋梗塞になりやすくなるのです。
この動脈硬化や心筋梗塞は、命にかかわる場合もあります。
ではどうして食生活の乱れが死を引き起こしかねない糖尿病に繋がるのかをご説明しましょう。
これは、何度も何度も急激に血糖値を上昇させてしまうからです。
ファストフードやインスタント食品には血糖値を増加させる炭水化物が多く含まれています。
そのためこれらの食品を沢山摂取すると体内の糖分が知らないうちに高くなり、インスリンの製造が追いつかなくなってしまうのです。

□ではどのような食事を心がければいいの?
まずは、3食しっかり食べていますか。
朝昼夜ご飯のどれかを抜いてしまっている、という人はまず3食食べることから始めましょう。
3食摂取することで1回あたりの食事量が減り、インスリンを製造する膵臓にかかる負担を減らせます。
3食食べられている人は、1回の食事ごとの栄養バランスを気にしましょう。
炭水化物、脂質、タンパク質をバランスよくとることが必要です。
日本人は野菜不足と言われており、タンパク質の摂取が少なめです。
そのため、意識してタンパク質を取るように心がけてみましょう。
老後のために即効性がないように思われるかもしれませんが、日頃からの心がけが一番です。

□まとめ
今回は、食生活と老後のリスクについてご紹介しました。
糖尿病にかかると動脈硬化や心筋梗塞に怯えなければならないだけでなく、医療費も余分にかかってしまいます。
ぜひ、健康的な食生活を心がけてくださいね。

「生活習慣」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る