• ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

カルシウムを十分にとろう

♦意識して摂りたい不足栄養素

日本人に不足している栄養素の代表がカルシウム。

不足すると、骨がもろくなって骨折しやすくなる骨粗鬆症を招き、寝たきりにつながる危険性も高まります。

意識してカルシウムを補給する対策が必要です。

♦カルシウムの吸収率

カルシウムは吸収されにくい栄養素です。特に吸収されやすい食品ベスト3は(1位・牛乳53% 2位・小魚38% 3位・海藻30%)です。

吸収率を高めるための工夫も必要です。

♦カルシウム摂取のための5つの提案

①1日1回、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品を摂る

清涼飲料水を乳飲料にかえる、おやつ(間食)をスナック菓子などから乳製品にかえるなどの工夫を。

②1日1回、豆類・ナッツ類を食べる

大豆製品もカルシウムが豊富。1日1回味噌汁を飲む、お酒のつまみは豆類にするなどのほか、豆乳を飲むのもいいアイデア。

③1日1品目以上、緑黄色野菜を食べる

カボチャや小松菜などの緑黄色野菜はカルシウムが豊富。彩りのよい野菜は残さず食べること。

④ビタミンDをいっしょに摂る

干しシイタケやレバー、サケなどに多く含まれるビタミンDと合わせてカルシウムを摂ると吸収率がアップする。

⑤マグネシウムを多く含む食品を摂る

カラダが正常に働くには、カルシウムとマグネシウムの体内での割合が2:1の状態がベストといわれる。

ホウレン草、玄米、豆・ナッツ類に多い。

「生活習慣」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る