• ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

こんな睡眠は“イエローカード”③

♠朝に弱い、頭がすっきりしない

・「定時に起きて、まずは日光を」

私たちは太陽の光によって1日が始まるように出来ています。

朝、起きるのがどんなにつらくても、定時に起きて、すぐに太陽の光を浴びましょう。

窓辺で過ごせば十分ですが、このとき、「さあ、体内時計を巻き戻すぞ」と意識すると、よりしっかりとリセットされます。

目から光の情報が入って体内時計がリセットされると、それから15~16時間後に眠気が出てきます。

より快適な1日を送るためには、この太陽の光による体内時計のリズムの調整を上手く行うことが大事です。

・「必ず朝食を食べよう」

もう一つ、朝にすべき重要なことは、朝食です。

規則正しく朝食をとっていると、その1時間ほど前から消化器系の活動が活発になります。

そして、すっきりした朝の目覚めへと通じます。

さらに朝食は、脳へのエネルギーの補給となり、体温を高め、午前中の活動レベルを高めるために役立ちます。

♠休日に寝だめをしないとつらい

・「平日と同じ時刻に起きよう」

月曜日になると、憂うつ、仕事に行きたくない・・・・・、

この様な現象を「ブルーマンデー」と呼びますが、その大きな原因はといえば、休日の寝だめ。

平日の睡眠不足をとりかえそうと、朝遅くまで寝床で過ごしていると、

朝の太陽の光による体内時計のリセットが行われず、その日は1日中なんだかシャキッとせず、

月曜日の朝がつらくなるというわけです。

ブルーマンデーの人は、休日も平日と同じ時刻に寝床から離れ、朝の光を浴び、日中はできるだけ体を動かすように心掛けましょう。

「生活習慣」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る