• ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

睡眠障害対処12の指針

①睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分

・睡眠の長い人、短い人、季節でも変化、8時間にこだわらない

・歳を取ると必要な睡眠時間は短くなる。

②刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法

・就寝前4時間のカフェイン摂取、就寝前1時間の喫煙は避ける。

・軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニング

③眠たくなってから床に就く、就寝時刻にこだわりすぎない

・眠ろうとする意気込みが頭を冴えさせ、寝付きを悪くする。

④同じ時刻に毎日起床

・早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる。

・日曜に遅くまで床で過ごすと、月曜の朝がつらくなる。

⑤光の利用でよい睡眠

・目覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン

・夜は明るすぎない照明を

⑥規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣

・朝食は心とカラダの目覚めに重要、夜食はごく軽く

・運動習慣は熟睡を促進

⑦昼寝をするなら、15時間前の20~30分

・長い昼寝はかえってぼんやりのもと

・夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響

⑧眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに

・寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る

⑨睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意

・背景に睡眠の病気、専門治療が必要

⑩十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に

・長時間眠っても日中の眠気で仕事・学業に支障がある場合は専門医に相談

・車の運転に注意

⑪睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと

・睡眠薬代わりの寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因となる

⑫睡眠薬は医師の指示い゛正しく使えば安全

・一定時刻に服用し、就寝

・アルコールとの併用をしない

 

 

「生活習慣」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る