よくある漢方相談|秦野市の漢方薬局なら、漢方の岩本薬局へお越しください

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

東洋医学で食養生 気虚がよくなる食養生

♥体を温める食べ物で、冷えを解消します

気虚タイプの人は、ほとんどが冷え性です。

胃腸も冷えているので、消化機能全般が低下しています。

そこで、このタイプの食養生は、体を温め、胃の消化機能を高め、胃腸に負担をかけない食事が基本になります。

料理には、「平性」「温性」「熱性」の食材を火に通して使用します。

体を冷やす冷たい食べ物や、刺し身などの生ものは避け、

消化の悪い脂っぽいもの、甘いもの、刺激の強いものも摂りすぎないようにします。

食が細く、下痢や軟便になりやすい人には、消化機能を高める「長芋」、「大和芋」などの山芋類が効果的です。

そして山芋であっても、「山芋入りお好み焼き」「とろろ入り味噌汁」などのように、加熱して食べるようにします。

体を温める代表的な食材には、

「羊肉」「エビ」「ニラ」「ニンニク」「ネギ」「玉ねぎ」

「ショウガ」「山椒」「栗」「クルミ」「シナモン」「紅茶」などがあげられます。

♥料理には「気」を補う食材を使いましょう

疲れやすくて、風邪を引きやすい気虚タイプには、「気」を補う食材が欠かせません。

「補気の王様」といわれる「朝鮮人参」、「牛肉」や「鶏肉」などの肉類や、

「エビ」、「ウナギ」、「山芋」などは、食べるとすぐに「気」を充実させるために働きます。

主菜や副菜にたくさん使って、足りない気を効果的に補いましょう。

また「穀類」、「イモ」、「豆」、「キノコ」は、胃の消化機能や新陳代謝を高め、気を補うために大切な食材です。

毎食きちんと摂るようにしましょう。

♥気虚改善の心得

①「平・温・熱性」の食材を火を通して食べる。

②生もの、冷たいもの、脂っぽいものは避ける。

③山芋、豆、キノコを毎日の料理に積極的に取り入れる。

④主菜には、すぐに「気」を補ってくれる牛肉、エビ、ウナギを使うとよい。

⑤よく噛んで、腹八分目に食べる。早食い、食べ過ぎは禁止。

「漢方コラム」カテゴリの最新記事

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る