• ご予約・お問い合わせはこちら

    0463810413

    受付時間 9:30~18:30/日曜祝日定休

  • 0463810413
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
  • 会員専用ページ

よくある漢方相談

漢方薬と子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋細胞が大きくなる病気で、特に30代~40代に多く見られる良性の腫瘍です。

漢方では筋腫は、気血の流れが滞ることで生じた「血」や「水」のかたまりと捉えて治療します。

漢方治療では筋腫そのものの縮小には相当時間がかかりますが、生理痛や月経過多、あるいは下腹部のシコリ感などの改善には比較的早く(1~3ヶ月)、

また筋腫が大きくなるのを防ぐ効果は十分に期待できます。

■原因は「寒邪」と「内傷七情」

特に月経時に薄着をするとか、普段から冷たい物や生ものをよく食べるといった生活から、「冷え」が体の中に入ってきて「気」や「血」の流れが滞ることと、

内傷七情=ストレスの影響で「気」の流れが滞り、それにつれて「気」の流れが滞り、それにつれて「気」のエネルギーで流れている「血」の流れも悪くなって、

かたまり(=筋腫)が生じると考えます。

■大きく分けると3タイプ

・「瘀血タイプ」

お腹のしこりが硬く、固定して動かないうえに触ると痛む感じがする。

生理の時には経血の色が暗紫色でレバー状の血塊が混じる。

・「気滞タイプ」

精神的なストレスが主な原因で、「血」の流れが滞り、かたまりを生じたタイプ。

お腹の上から触ってもしこりは硬くなく、押せば移動する感じがする。

月経前症候群など、多くは生理痛を伴う。

・「痰湿タイプ」

もともと胃腸機能に問題があって、水分の代謝異常と「気」や「血」の流れの異常が結びついてしこりを生じたタイプ。

普段からおりものが多く、めまいや乗り物酔い、胃腸症状などを伴うことが多いタイプ。

 

以上、大きく分けると3タイプに分かれますが、実際はそれぞれのタイプの混合型や、内膜症など他の病態を併せ持っていることもあります。

■普段の時と生理時で処方を使い分ける

基本的に「気」「血」「水」の流れを良くして、しこりを取り除く方向で治療しますが、

子宮筋腫がある場合は普段から月経過多の方が多く、そういう方には特に生理の時期に血の流れを良くしながら不要な出血を抑える生薬や処方を用います。

また、貧血の症状の強い場合は血分を補う処方を併用することもあります。

 

漢方の岩本薬局にお気軽にご相談ください

漢方って、何となく難しい……そんな風に考えていませんか? でも、風邪をひいたら内科へ、虫歯になったら歯医者へ行くのと同じ、あなたの健康を取り戻す、手段の1つなんです。体がつらい、でも原因が分からない……そんな時、漢方があることを思い出して下さい。

ご相談の流れはこちら

ページトップへ戻る